読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加害者が常にテレビに出ていると被害者の心情は

極楽とんぼ山本圭壱がライブのビラ配り 復帰への意気込みを聞く

http://news.livedoor.com/article/detail/9639379/

 

要約:2006年7月の淫行騒動以降、約9年間、芸能界引退状態となっていた極楽とんぼ山本圭壱さんがお笑いライブを開催、芸能活動を再開するそうです。相方の加藤浩次さんをはじめ、山本さんと縁のあるタレントやお笑い芸人は、山本さん復帰支持を表明をしています

 

■被害者がいることを忘れていませんか?

被害者にとって、加害者がテレビで見て、良かったと思いますか?特に、公序良徳に反する事件については、被害者にとって、見る度に、嫌なことが思い出される可能性があります。復帰を支持する人も残念ながら、被害者の事を考えていますか?仲間の事しか考えていないのではないでしょうか?被害者以外も不快に思う人もいるかもしれません。

 

■テレビに出る以上

一般人がそう簡単にテレビには出演することはないかと思います。テレビに出ることは、ある意味、多くの不特定の多数の方が見聞きするわけです。テレビに出て、売れていることで、タレントは、自信過剰になっていないでしょうか?その自信過剰が生んだ淫行事件とも考えられます。テレビに出る以上、公序良徳に反する行為は避けるべきでしょう。

 

■みそぎ

よく、みそぎが終わったと言われるかもしれません。本人の十分反省したので、お願いしますということかもしれませんが、復帰するなら、被害者の了承を得たのでしょうか?もし、本人だけが、みそぎが終わったと考えての復帰なら、本当にみそぎは終わったのか疑問です。

 

これは選挙のみそぎと同じかもしれません。本人と仲間だけがみそぎが終わっていると考えていませんか?