隗(かい)より始めよ

中国の戦国時代に、燕という国がありました。隣に斉という大国があり、この大国の力に押されていました。燕の王は、郭隗(かくかい)に賢者を集める方法を尋ねました。郭隗は、まずは私を厚遇してくださいと言い、私のようなあまり優秀でないものでも優遇さ…

士は己を知る者の為に死す

自分の真価を認めてくれる人に対しては、その人のために尽力できると意味です。 自分が思っているより、上の評価が低いことがあります。それは、上の器量がないのか、実際に自分の評価が低いのかどちらかです。 諸葛亮孔明も、水鏡先生に、臥龍と称され、そ…

井の中の蛙大海を知らず

井の中の蛙大海を知らずという諺を知っているでしょうか? 「荘子」から出た言葉で、自分の住んでいる世界がすべてであって、他の広い世界を知らずに、狭い了見を持っていることを言います。同じような言葉に、「夜郎自大」という言葉もあります。 人はつい…

いかん!更新できていない

FacebookもBlogも更新できていない状況に陥ってしまった。 診療もさることながら、講演、学会発表などの準備、論文作成などに時間が取られてしまった感は否めない。とはいえ、書くネタがないともいえる。 この世の中に起こっていることについて、自分なりを…

じんましんに困っていませんか?

医薬経済社から「咳事典」から7年ぶり、一般向けの本としては、「アトピーを正しく知って治す新常識」(講談社)から5年半ぶり、医学書「小児アレルギー疾患診療ハンドブック」(中外医学社)から2年ぶりに、新刊書を出すことになりました。構想から既に数年…

医師国家試験後に研修医

研修医ですと、今日から仕事という人も多かったのではないでしょうか? 私の頃は医師国家試験が3月でしたので、働き始めは6月1日でしたが、今は、2月に医師国家試験があるので、4月~仕事が始めることができます。 2017年の医師国家試験の合格率はよくなかっ…

起業の難しさ

誰もが一度は思うかもしれない、一国一城の主。 しかし、起業はそう簡単ではない。起業して成功している人を見ているかもしれない。しかし、その成功の陰には多くの起業の失敗が隠れていることがある。 起業で成功した人の話を聞いても、同じようにできると…

他山の石(他山の医師)

この世の中に、他山の石がいっぱいあります。組織と呼ばれる中にも。 他山の石とは「よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石に利用すれば自分の玉を磨くのに役立つ」という意味です。 玉石混交のこの世には、自分は玉でしょうか?石でしょうか? 玉になる…

桃李言わざれども下自ずから蹊を成す

この諺は、司馬遷の史記の李将軍伝にある「桃李不言下自成蹊」から来ております。 桃(モモ)や李(スモモ)は何も言葉を出していないが、美しい花が咲き、美味しい実が実ることから、その魅力にひかれて多くの人々が集まってきて、おのずと、その桃や李の木…

あなたならどっちを選ぶ?

A君、B君が同じ面積、米を栽培する農作業を仕事をしています。 C君は、仕事もせず、ぶらぶらしていますが、仁義に厚い人です。 ある日、A君が、まず、田植えをしていました。1人の力は無理で、苦労している所にC君が通りかかり、手伝うことになりまし…

受け継ぐ

前回を話題にしましたが、多くの弟子を輩出した孔子の著書「論語」に、「五十にして天命を知る」とあります。 孔子自身は74歳で亡くなりましたが、当時(紀元前)にしては長寿でした。 50歳は、一世代30年とし、成年を20歳とすれば、丁度、子に受け継ぐこと…

後進に託す

信長が好んだ舞である敦盛に「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」とあります。 人の一生とは天に比べると儚いものであるという意味です。 丁度、この五十年を意識にするようになってしまいました。人の一生が50年というわけではなく、人の…

いよいよ大学受験も決戦に

大学受験から30年以上も経ってしまいました。 また、子どもの大学受験も終わり、やっと、大学受験と言う呪縛から解き放たれました。 世間では、これから大学受験を中心に、4月の桜の季節までに、サクラサクという言葉を貰いたいものです。 サンデー毎日や週…

情報の真実はどこに

よく判らない時に、キーワードを入れて検索すると思います。 検索して上位に出てきたものが正しいとは限らないことがあります。 また、人の脳はつい、自分に都合のよい情報に対して興味を示すことがあります。 どうしたらよいのでしょうか? 1つの情報のみを…

諸行無常は世の中も人の身体も同じ

何かを期待して期待外れであった時 …どう思うでしょう。まさにジェットコスターのようにその落差は大きなものです。 一方、あまり期待していないのに一定の成果を上げた時 …普通であっても、成果が強調されます。 つまり、評価に絶対的なものが無い時には、…

捲土重来を信じて

もともと、身体は丈夫ではないのだが、昨日は38℃、痰が出そうな咳 もともと体温が低いので、寒気がひどい 身体の筋肉がだるい、筋肉痛がある もしかしたら、インフルエンザ?? 幸い、インフルエンザではなさそう。今日は、仕事で病院へ。 昨日よりはましだ…

2017年になってしまった…

年を重ねていくことで、だんだん、1年が重く乗りかかってくるような気がしています。今まで生きてきた時間より残っている時間は明らかに少なくなってきました。 2016年は、個人的にはあまり良いこともありませんでした。 2017年も既に3日経ちましたが、良い…

WELQから見た物書きの難しさ

All Aboutで記事を2005年から書き始めております。ある意味、ライター歴11年と言ったところでしょうか…。まだまだ未熟者です。 逆にいれば、気づけば、もう11年も経ってしまいました。 そもそも、All Aboutに賛同したのは、玉石混交のネット情報の取捨選択を…

麻疹(はしか)が流行の兆し

恐らく、関西国際空港が発端の麻疹が流行の兆しが見られます。麻疹が輸入された可能性が示唆されます。 All Aboutで既に記事にしておりますが、個人的な考え方をブログで補足します。 しかし、現在の報道では、小児での発症が少ないと思われませんか? そう…

生涯現役か定年か

生活するためには、働かなくてはいけない。そのためには、死ぬまで、生涯現役として働く必要があるかもしれない。一方で、技術的な仕事であれば、年齢を重ねると難しくなることもあります。そして、それが周りに迷惑をかけることにもなります。 医師の仕事で…

マネージャーは要

多くの人は、自らの予定などを管理し、自分の仕事をしている。マネジャーや付き人は、タレントで言えば、身の回りのことをして、仕事を持ってきたり、交渉したり、スケジュールを管理します。タレントの影のように表に出ないものの、大変、重要な役割りをし…

初心者マークの著名人の政治屋さんがまたできてしまった。

私は政治不信である、でも、選挙には必ず行っている。棄権したい気持ちを抑えている。誰に入れてよいか判らないから本当は棄権したい…。 最近、投票すると死に票になっていることがあり、ある意味、マイノリティかもしれない。 基本は私は保守系である。なの…

過半数は正しいか?

大阪都構想、イギリスのEU離脱問題において、住民投票、国民投票で僅差で決しました。 さて、ここで、僅差で過半数になった場合、過半数なので、多数決の原理から言えば、過半数になった事案が実現されることになります。 A案が賛成か反対かの投票があり、投…

学生時代、時間があるなら、まずは資格を

すでにご存知かもしれませんが、私自身、資格をいくつか持っています。しかし、この数年、資格が増えていません。原因は、勉強する時間が無いことです。時間が無いと言い訳しているだけかもしれませんが… 仕事が忙しいのもありますが、この数年、ライターの…

ゴミの有料化で経済成長ができないかも

自分の人生も既に後半のような気がして、いろいろと処分してきました。 経済成長には貨幣の循環が必要 貨幣が循環しないと、経済成長しません。例えば、製品Aを作っている会社と社員という単純な場合を考えてみましょう。会社は社員に給与を払い、そのお金…

メールでアポイントメントの取り方

以下2つの文章は、私に対してメーカーの商品のPRをしたいので、メールでアポイントメントの依頼をしたメールの文章一部引用しています。 個人的には違和感を感じてしまいました。 例文1 「アポイントの件でメールさせていただきました。 もし宜しければ以下…

HPの内容に騙されないように

先日、古くなった電子ピアノを処分することにした。 www.fujigakki.co.jp を信じて、処分を申し込んだ。 処分当日に、引き取り当日に、電子ピアノ自体は問題ないのに、ACコード(取り離し可能)の接触不良を理由に有料になってしまい、それも、他の処分業者…

本当に後悔しない人生ってあるの?

ここに来て、今までの人生を振り返った時に、これでよかったのかと思う今日この頃。走り続けた人生とはいえ、このまま同じ方向で走っていていいのか?修正するのであれば、早い方はいいのではないか? 何だがどうでもいい気持になったり、このままでは人生終…

参議院選挙は人気投票なのか?

各党の著名人への出馬要請が報道されていますが、要請されている人は、その分野で活躍され、結果を残された方で素晴らしいと思います。 要請されることは、その能力を買われた結果かと思います。 でも、ちょっと待ってください。 客寄せパンダになっていませ…

政治家になるのに選挙のみ?

専門的知識を有する職業には資格試験があります。また、公務員になるには、公務員試験を受験し、合格しないとなれません。国会議員は立法府にあって、法律の作成することになりますが、法律の知識なしでも大丈夫でしょうか? ある記事を受けてのコメントでは…

ヒアリングは聞くだけ…

組織の中でヒアリングありませんか? 今まで、私の職場でも中間管理職としてヒアリングがありました。その時に、法律の遵守を主張しました。しかし、ヒアリングの結果、どうなったかも何の回答もないままで、違法状態(いわゆるブラックホスピタル状態)のま…

あの日

あの日に帰りたいということなんだろうか? 月に1回程度しか更新できないほど、いろいろとしないといけないことが多い…。 残念ながら、売れてしまう本のようですね(少なくとも出版社はそう考えている)。出版社は、初版に対して5万部としていることから、15…

時間の流れの中で

今年はどんな年だったでしょうか? 時間は人間が自転をもとに作り上げた観念です。1年と言う区切りをつけることで、1年という時間で何ができたか何ができなかったかを考え直すことができます。もちろん、1日の中で、今日できたこと、できなかったことを考え…

心が落ち着く3つの言葉

さて、今日、3つの言葉がふと浮かびました。忘れないように、ブログに書きます。 ■大丈夫 人は緊張したり、ピンチの時に、頑張れは良くないと言われています。むしろ、自分の状態を落ち着かせる意味では、今の状況について安心が欲しくなりますし、ピンチか…

世界でいちばん豊かな大統領

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」が絵本として発売されています。 昨日、ミスターサンデーというフジテレビ系列の番組で世界でいちばん貧しい大統領と言われたウルグアイの前大統領であるホセ・ムヒカ氏の単独インタビューが紹介されていました。大…

芸術、文化の評価は難しい

今回、オリンピックのエンブレムに応募資格が厳しかったようです。 既に賞を受けた人しか応募できなかったようですが、芸術、文化での評価は数字化できないために、難しいものです。 いろんな人が応募できたらよかったかもしれません。そうすれば、数が多く…

この閉塞感は何なんだ?

社会は様々な人によって構成されており、人によって成り立っています。社会を人間に例えるなら、人は細胞や臓器に例えられます。社会が生存するためには、人それぞれが役割を持って、生きていくことになります。ところが、今、生きにくい世の中になっていな…

大きな仕事ほど慎重に

最近、画期的な発見、オリンピックなどに関連して、物事が大きいほど、その善し悪しが注目されています。 元になる記事は、想像に任せます。 日常生活でも監視カメラが多く存在し、ネットで情報が簡単に手に入る社会ですから、ネットで指摘されることが多く…

成功体験の基づくノウハウは役に立たない?!

様々な企業を成功させた、発展させた人のノウハウの本の通りにして、成功した人はいるだろうか? 人は、つい、自分の成功体験を語りたくなります。自分も例外ではないと思っています。しかし、人が自分の同じことをして、同じ結果になるとは限りません。失敗…

結果論から話し始める怖さ

医療に対するネガティブな書籍が本屋で平積みされています。医療に批判的な題名が踊っています。私は、このような書籍を買わないし、読む気もないので、直接的な批判、批評は避けたいと思います。 ただ、この世の中、あまりにも結果論から、非難されることが…

他人の型を飲み込む器量を

十人十色と言う言葉で示されるように、十人いれば、十人、違った考え、違った価値観があります。そして、やはり、自分が常に正しいと思っていては、自分の主張を通すことになります。 でも、それでいいのでしょうか? いろいろな意見をしっかりと合わせなが…

優秀な馬でさえ老いては平凡な馬にも劣る、いわんや…

騏驎(きりん)も老いては駑馬(どば)に劣るという諺をご存じでしょうか? どんなにすぐれた才能を持っている人もで年を取って老いてくると衰えてしまい、普通で平凡な人にも及ばなくなるということです。 騏驎は、駿馬と言って、足の速い優秀な馬です。 駑…

モラハラになっていませんか?

モラハラはモラル・ハラスメントを略して言いますが、精神的な虐待や嫌がらせのことを言います。フランスの精神科医の先生が提唱した概念です。 基本的に、相手に対して、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力で、実際の暴力と違って、実際に目に見えな…

言い方ひとつでお互いに気分も変わるのに

■意思伝達 人と人との意志伝達として、文字と会話があります。なかなか、心の中を相手に伝えたり、読み取ることは難しい。もちろん、一定の訓練をすれば、ある程度を予想することができますが、多くの人が必要としている意志伝達の手段は、文字と会話です。 …

恋はネットの怖さも盲目にしてしまう!?

「キス動画」親に見せる企画が波紋r25.yahoo.co.jp ■「キス動画」を撮影した時は この時は、恋愛中で相手が傍にいるだけで幸せだったと思います。幸せはいつまでも続くわけではありません。そもそも、恋人、夫婦は、出会う前は赤の他人ですから、自分とは異…

冷たいけど仕事ができないと…

■会社員7割「ダメ上司でも支える」 http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150428-00041955-r25 要約:20~30代の会社員200人に「上司」へのスタンスについてアンケート調査を行ったところ、「上司に持つならどちらのタイプの方がいい?」という…

日本の電車では、アナウンスが長いが…。

■ギョギョッ! 電車で目撃したありえないマナー 「子どもが騒いでいるのに注意しない親」「すっぴんから化粧」 http://woman.mynavi.jp/article/150414-5/ 要約:電車内でのマナーの悪さについて話題になることがしばしばありますが、こちらの記事で紹介され…

てんしょく(天職、転職)は自分が決めるもの

■会社員が「天職」に出合う確率は? http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150414-00041723-r25 要約:30~40代の男性ビジネスマンを対象に実施したアンケート調査によると、「現在の仕事が自分の“天職”だと思うか?」を尋ねてみたところ、60.8…

他人に自分の限界を決められたくない

スポーツ選手は、いつかは引退する時が来ます。とはいえ、本人は他人に決められたくないと思っているのではないでしょうか? 本当はネット記事に対して、コメントしたい所ですが、人を批判するのを是としませんので、あえて、その記事を上げておりません。 ■…

怒られたくないし、怒られない子どもたち

■一発アウト 新入社員がつい口にする「最新NGワード10」 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/158254 最近は、自身の能力に自信を持つ“意識高い系”の若者が多いためか、会社の先輩や上司に“NGワード”を言う新入社員が増えているそうです。…